四国の渓流釣りモバイルモバイルサイトはこちら
 ハスラーは、いろんなところにユーティリティナットが埋め込まれていて様々なアクセサリーが取り付けられるようになっている。
 『遊べる軽』と謳われる所以は 、このユーティリティナットがもたらすところが大きい。

 野営は釣りの荷物が多いので、荷物⇒車内 人⇒テントを考えていたが、
 テント泊だと設営、撤収などが面倒になる。(この面倒さがキャンプの楽しみなんだけどね)
 目覚めて直ぐ行動したいときは、やはり車中泊が便利だ。
 車中泊をスマートに楽しむためのリアテーブルを製作してみました。
荷席横のユーティリティナットにLアングル(200㎜幅既製品)を取り付ける。
ナット孔のピッチは155㎜
Lアングル取付孔の間隔は50㎜ピッチなので片方は長孔加工が必要になった。
(やすりで孔を広げるのは結構しんどかった。)
Lアングルの上面にテーブルを取り付ける。
テーブルの加工寸法
1200㎜×300㎜×18㎜の板を加工
ユーティリティナット部の幅寸法が1156㎜ 幅方向に約8㎜の余裕
バックドア部の寸法が940㎜ 幅方向に最短約5㎜の余裕
 
テーブル幅は300㎜が必要と思った。
バックドア方向に寸法を伸ばしたのでコーナーの加工が複雑になってしまった。
内角の接線にR25を取ってみたがわかるだろうか?

Lアングルとの取付は鬼目ナット(M6)を4個埋め込んだ。
埋め込み寸法は現物合わせ・・・・なかなかの取付精度となった。
 
塗装で仕上げて取り付けた写真
予想以上の出来栄えに大満足 
バックドアとの隙間はMax40㎜ ちょっと余裕を見過ぎたか?
後部座席を前いっぱいに寄せると座席として使用できるのは計算通り???
 
 テーブルの使い方イメージ①
テーブル幅300㎜はPCの作業スペースからです。
 
 テーブルの使い方イメージ②
外から使うときはこんな感じになります。
テーブル下に荷物を収められます。


釣り車 ハスラー YouTube動画集
2017/06/07

釣り車ハスラーを動画で紹介しています。
ハスラーのポップなスタイリングが動画の素材として映えます。

ハスラー釣り&焚き火キャンプ
2014/09/29

三人分のキャンプ道具、食材と釣り道具(二人分)
流石に三人乗車は無理なので2台に分乗して源流に向かいます。工夫は釣り道具のキャリングケースを2段にして相棒の釣り道具スペースを確保した。それとパッキングネット、狭いスペースを立体的に使う・・・・

マルチルーフバー自作
2014/09/22

キャンプ道具を整理しているとキャプテンスタッグのシステムテーブルのセットが出てきた。アルミパイプを使ってテーブルを組み立てるものだ。基本セットはどうにか組み立てられたがサブセットがどうにも怪しい。たぶん、基本セットのテーブルを拡張する部品だったと思われるが組立説明書がないので・・・・

ハスラー 釣り&キャンプ仕様
2014/09/18

そろそろ今年の渓流釣りも大詰めになってきた。
最終日付近で「釣り&キャンプ」を考えている。スペースギアは、サードシートを折りたためば何でも積めて就寝スペース+安酒場を確保できた。
前車のエクストレイルもセカンドシートを倒せば広大なスペースを確保して・・・・

ハスラー ルーフボックス
2014/09/11

ハスラーにはパンク修理キットが標準搭載されていてスペアータイヤは付いていない。 オプションにスペアータイヤ固定キットがあるが4WDの場合、荷物スペースに立てて収納するしか方法がない。燃費とかコストを考えての仕様なのは理解できるけれど、SUVを謳うのであれば4WDだけでもスペアータイヤを・・・・

オプション追加
2014/08/31

渓流釣りの車止め付近は、ダートになることが多い。
雨が降れば最悪で飛び跳ねた泥の跡が車の側面や後面に残る。
 釣りから帰ってきて水で流しておかないとこびり付いて悲惨なことになってしまう・・・・



 釣り車 ハスラー

    ハスラー リアテーブル自作

 メインページへ
四国の渓流釣りへ