源流釣り 地図を読む

源流は地図に等高線と水線しか記入されていない渓が殆どです。等高線の間隔を読み進路を決めたり、撤退道を導き出したり地図(地形図)を見る機会が多くなります。ここでは源流釣りに必要な地図の読み方を解説します。
また、スマホGPS・地図ソフトカシミール・GoogleEarth の使い方などを書きました。


渓に持っていく地図
最近、渓に持って行く地図はエリアマップ「石鎚・四国剣山」、イメージをトレースする山歩き地図「石鎚山・東赤石山」「剣山・三嶺」 俺の行動範囲の8割をカバーできる。地図の確認と現在位置の割り出しはスマホのGPSを使っている。もう、四国の渓で...

二又に悩む
源流を釣り上がります。やがて渓は二又に分かれた。水量はほぼ同じです。本当は、左右両方の渓を釣りたいが、もうどちらか片側を釣る時間しか残されていない・・・・。 源流釣りで良くありがちなシーンですね。 いろいろなパターンが考えられますが...

等高線を読む
等高線で何がわかるのか ①傾斜の違い  等高線の間隔が広いと傾斜が緩く、狭いと傾斜がきつくなります。 ②尾根筋と谷筋の違い  尾根はピークから伸び、谷は尾根と尾根の間に突き上がっています。  尾根の特徴 丸みを帯びてピ...

人工物を読む
人工物を読む 道は地図を読む上で最も重要な人工物です。 2重線⇒幅2.5m以上の車道  1本線⇒幅1.5~2.5mの車道 未舗装である場合がある。車が通れない可能性もある。 破線⇒幅1.5m以下 車は通れないと思った方がいい...

スマホGPS
スマホGPSは実用レベルに達しているのか? 約2年半で100件以上のGPSデータをログしてきました。使うスマホアプリは、アンドロイドの山旅ロガーと地図ロイドです。 使い始めの頃、測定した軌跡が飛んで明らかにGPSを拾えていないと...

スマホGPGの使い方
ここで使い方を紹介するのはAndroid端末、山旅ロガーと地図ロイドです。山旅ロガーはGPSのログを取るアプリ、地図ロイドは地図表示アプリです。この二つのアプリは連携して使うことができます。つまりGPSログを取りながら、地図上にログの軌跡を

地図の読み方 実践編
源流釣りをするような場所は地図情報が少なく等高線と水線だけのものが多い。そして、源流を上流に詰めれば水線も消え等高線だけになってしまうこともある。等高線しかない地形図をどう読むのか? 普段地形図を見てない人は難解でしかない。 地形は凸...

カシミール3Dについて
渓流釣りや登山の計画を立てるときにWindowsソフトのカシミール3Dがおすすめです。地図データに標高メッシュを組み込むことによって立体的な地形図を見ることができます。見る方法もいろいろあって、遡行ルートを切り取って距離、傾斜、起伏など...

カシミール3D機能紹介
カシミール3Dの解説のメニュー     カシミール3Dについて       1.ソフトのインストール       2.カシミール3Dの地図       3.地図の印刷     カシミール3D機能紹介(本ページ)       1....

カシミール3DとGPS
カシミール3Dの解説のメニュー     カシミールについて       1.ソフトのインストール       2.カシミール3Dの地図       3.地図の印刷     カシミール3D機能紹介       1.基本操作 ...

Google Earthが面白い
山歩きの定番地図アプリと云えばカシミール3Dです。 陰影の付いた地図は現地の地形を想像する手助けになるし、印刷して携帯することもできる。カシバード・トラックデータの編集・GPSの読み込み・デジカメプラグイン等々 機能が豊富だ。 ...

Google Earthの使い方
表示画面の説明 検索ダイヤログ   地形の検索をする フォルダーダイヤログ   作成した目印・パス保存するフォルダー レイヤーダイヤログ   地図上に表示するパーツの表示選択   取り敢えず 地形を選択するだけでい...

源流釣り入門

源流釣り ルート開拓

大きなアマゴは何処にいる


スポンサーリンク
tanisiをフォローする
四国の渓流釣りモバイル
タイトルとURLをコピーしました